NANJO

HOME > 100年を超える礎

100年を超える礎

 

事業の歩み
製品・技術開発

1915年2月
南条装備工業の前身となる「南條商会」が、人力車修理の職人であった南條満次郎氏により広島市で創業


創業者 南條満次郎氏

乗り合いバス運行会社・エスエッチ自動車から、 バスの幌やシートの修復を受注





南条装備工業の歴史は人力車の幌づくりから始まった


バスだけでなく、トラックの幌の装備やシートを扱うことで、普及し始めた自動車の内装について学ぶ

大正初期の円太郎バス
大正初期の円太郎バス

1920
国産車、外車、自家用、ハイヤーを問わず
広島で車の装備・修理を幅広く手掛ける

1930

1935年
東洋工業(現マツダ)の三輪トラック(マツダ号TCS車)のサドルや車輪の泥除けなどの装備を担う

戦前の広島マツダ
戦前の広島マツダ

1941年の太平洋戦争が開戦
民間需要の自動車ガソリンの配給がストップし三輪トラックの生産も先細る

1945年 広島に原爆が投下され終戦を迎える

奇跡的に戦災を免れた、たった1台のミシンを元手に、
南條商会は再出発することになる

1940
創業期

▲Page Top